テレビ

歴史秘話ヒストリア(蒙古襲来とペリー来航)動画(再放送) 見逃した配信/9月2日無料視聴 まとめ

歴史秘話ヒストリア(ペリー)見逃し動画配信/再放送/蒙古襲来9月2日無料視聴 蒙古襲来とペリー来航まとめ

 

2020年9月2日22時からNHK総合で『歴史秘話ヒストリア「危機は海からやってきた 蒙古襲来とペリー来航」』が放送されます

 

見逃した放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア(蒙古襲来とペリー来航)見逃し動画配信再放送無料視聴9月2日まとめ
 

歴史秘話ヒストリア /番組内容

 

海に囲まれた国・日本。外国からの危機は、常に海の向こうからやってきた。鎌倉時代の「蒙古襲来」で、日本は本格的な侵略を受け、危機におちいった。さらに江戸時代の終わりには、アメリカの「ペリー」が黒船艦隊の強大な軍事力を背景に日本に開国を迫った。外国の圧倒的な脅威に直面した時、その時代の日本人たちは、それにどのように対じしたのか。危機に立ち向かった人々の志の物語。

 

蒙古襲来とペリー来航 出演者

 

キャスター
渡邊佐和子

 

歴史秘話ヒストリア(蒙古襲来とペリー来航)見逃し動画配信あらすじ

 

元寇とペリー来航(黒船事件)蒙古元寇に続く二度目の大事件が、本事件であります。前回から600年ほど経過しての大事件。時間的にも鎌倉→足利→江戸とかなり離れています。主役はご存じ米ペリー提督(正確には大佐で、提督(艦隊指揮官)ではありません。太平洋を渡ってではなく、大西洋→インド洋→東シナ海経由での来日です。目的は日本列島での薪水(燃料と飲み水)の供給の為、開国を迫る事にありました。まだ日本には蒸気機関などはなく、帆船です。一方ペリー艦隊の方も外輪船と帆の併用という、今日の目からみれば旧態以前の物でした。既に同提督は伊能忠敬の正確な日本地図を入手しており、江戸幕府の「長崎へ行ってほしい」という要求をけんもほろろに断り、大砲で威嚇します。当時はまだ炸裂弾もなく、唯の大型鉄球でしたが、結果から言えば鎖国の扉をこじ開け、開国させます。これは元寇時と決定的に違いました。元とは刀や弓や鎧などで、対抗が可能でしたが、現実主義者の侍たちは、以降、倒幕と明治維新を迎え、脱亜入欧への道を突き進みます。「古代ローマ帝国は三度世界を征服した。一つ目は武力、二つ目はローマ法、三つめはキリスト教。」しかし、よく知られるように、武力と法治主義は受け入れても、日本はキリスト教だけは広まりませんでした。これは極めて興味深い事実です。(例外は結婚式の時のみ)葬式は仏教、初詣では神道、子供はクリスマス・プレゼントをもらって喜びます。

 

歴史秘話ヒストリア(蒙古襲来とペリー来航)見逃し動画配信再放送視聴者の感想

 

島国である日本は常に海からの侵入者に警戒する日々を送っており、その昔、海外からの危険は常に海からやってきたというのはわかってはいたことですが改めて考えるとゾッとさせられます。今回の歴史秘話ヒストリアでは、蒙古襲来とペリー来航にまつわる歴史の話しを知ることができるということですので、どんなストーリーが待ち受けているのかワクワクさせられます。日本の危機は鎌倉時代にさかのぼり、鎌倉時代に蒙古襲来によって日本が大きな襲撃を受けたということなので、その危機をどのように乗り越えることができたのか、またどのような悲惨な状態だったのかをしっかりと知ることができるのではないでしょうか。そして、江戸時代の終わりにはあの有名なペリーが強い軍の力を用いて日本に開国をせまったということを、更に詳しく紹介されるようですので、教科書には載っていない秘話を知ることができるのではないでしょうか。日本が海外からの危機にさらされてしまったときにどのような対策を取ったのか、海外からの驚異に打ち勝つ為に日本を守った人々の話を聞くことができるということですので、あまり歴史に興味がなかった人もこの番組で詳しく知ることによって歴史に興味が持てるのではないでしょうか。-

 

歴史秘話ヒストリア(蒙古襲来とペリー来航)見逃し動画配信再放送みどころ

 

「危機は海からやってきた」蒙古襲来とペリーの来航の歴史を掘り下げるという意味でも興味深い番組です。日本に住む上で、このような歴史があったということを知っておく必要があると感じます。蒙古襲来やペリーの来航といった外国からの危機は今までよりずっと深刻なものだったと想像します。その中でそのような危機を先人たちはどのように受け止め、どのような志をもち立ち向かっていったのか、その点の深い話が聞けることを楽しみにしています。どんな作戦と体制で危機に備えたのか、さらには実際に危機に面した時にどういった対応を行ったのか、予測と異なる部分もあったのではないかと思うので、臨機応変にその辺をどのように対処していったのかという点も興味深いです。さらに、ペリー来航に関しては圧倒的な軍事力を掲げる中で来航し、日米和親条約を締結するまでになったといわれるその過程が興味深いです。結果的に鎖国体制が終わり、開国ということになりましたがそれまでの苦労や葛藤など当時の日本の人たちへの思いが聞けることが楽しみです。昔も今も、様々な意見を持つ人がいるという事には変わりないと思いますが、当時の日本人の考えや思想、その点を聞き、現在との比較でどのような変化を遂げているのかというところにも注目したいです。

 

まとめ

 

—-タイトルからもわかるように、歴史にまつわる番組です。私、こういうジャンルの番組が結構好きです。知的好奇心が刺激されるというか…学校の歴史の授業ではこんなこと思わなかったのに。もうちょっと真剣に話を聞いていれば良かったと痛感しているところです。日本は海に囲まれた島国です。そして鎖国もしていました(これぐらいはわかります笑)。それだからこそ、外国からの侵入などの国の危機はすべて海を越えてやってきました。古くは鎌倉時代の「蒙古襲来」(この辺りの私の知識は曖昧です…)、さらに江戸時代の終わりには、アメリカの「ペリー」が黒船艦隊の強大な軍事力を背景に日本に開国を迫りました。ペリーの黒船は有名な話ですよね。そんな日本の国の危機に、その時代の人たちはどんな志でどう向き合ってきたのか…そのことに焦点を当てます。人間って、今も昔もしていることはたいして変わっていませんね。土地や資源を巡って侵略や戦争を繰り返しています。表面上は友好的であっても…。今の日本人なら、ペリーの黒船来航にどう対処したでしょうか。何も出来ずに見ているだけかもしれません。志という点ではこの時代の人の方が高かったと思うのは私だけかな?人間ドラマとしても歴史を学び直す意味でも、有意義な時間になりそうです。
近年は地方の無名の人が残した資料とかの解析で、教科書的な歴史を人が生きた流動的な歴史に変えようとする意見があって面白いです。蒙古襲来では、一番乗りを果たしたが従来の戦と違い恩賞が貰えず困窮した武士の話があり、鎌倉幕府と北条氏の支配が武士との関係を変えていった資料が出てきています。ペリー来航では、島津家が明治維新の骨格をこの時から作成し練り上げ、それに従い明治維新まで動いた資料が出てきています。時の政権は両方とも武力で頂点に立ったものの、数ある有力者の中で最も強いだけで絶対的な権力がない状態であったと思います。それを維持するために作り上げた前例や慣習を全てひっくり返す出来事が、海から来た時にどうしたかを紹介して欲しいです。それまでのシステムが対応できない出来事に対しては、非常時の人物が出て対応したはずです。その人物の生きざまを様々な資料から解き明かし、心の内まで踏み込んで欲しいです。漠然とした時代のイメージは持っていますが、それが生きていた人間から見た場合はどのような時代であったかが紹介され、非常時の対応がその時代の一般的な常識からみてどうであったかを解き明かしてもらいたいです。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア(蒙古襲来とペリー来航)見逃し動画配信再放送無料視聴9月2日まとめ