テレビ

(半沢直樹2/7話/動画 7話/七話)Dailymotion 7話(miomio)見逃し配信/無料/再放送サブスク見れない時に見る方法

(半沢直樹2/7話/動画7話七話)Dailymotion 7話(miomio)見逃し配信無料再放送見れない時 にサブすくで見る方法

2020年8月30日21時から『日曜劇場「日曜劇場「半沢直樹」第7話 裏切り者は誰だ!政府と直接対決へ!』が放送されます

出演 キャスト階戸瑠李さんのご冥福をお祈ります。

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(地上波の放送分まで全話無料視聴できます)

↓ ↓

(半沢直樹2 動画/フル配信無料視聴

半沢直樹2 第7話動画/7話)動画 /番組内容

 

卑怯な政府に追い詰められ絶体絶命の半沢(堺雅人)。政府に繋がる裏切り者は、果たして宿敵・大和田なのか?政府と直接対決する合同報告会は、刻々と迫っていた…。

番組内容
半沢(堺雅人)たちが進める再建案の要となる「新路線の認可」が突如取り消されてしまう。白井(江口のりこ)の卑怯な差し金であることは明らかだったが、このままでは帝国航空は自力再建できない…再び窮地へと追い込まれる。そんな中、政府が要求する債権放棄への回答期限となる合同報告会の日が刻々と迫っていた。政府と繋がる裏切り者を暴き出し、理不尽な政府に倍返しすることはできるのか!?タイムリミットが迫っていた…!

 

半沢直樹 特別総集編 キャスト

 

出演者

堺雅人、上戸彩、及川光博、賀来賢人、筒井道隆、江口のりこ、西田尚美、児嶋一哉、石黒賢、入江甚儀、佃典彦、丸一太、夏目三久、井川遥、木場勝己、段田安則、柄本明、北大路欣也(特別出演)、香川照之など

 

半沢直樹2 / 動画/Dailymotion第7話あらすじ

 

やはり半沢直樹はかっこいいです。

完全に国を敵にまわし、開発投資銀行の融資の協力の道も断たれ東京中央銀行内の味方もどんどん減ってほとんど一人になっている状態なのにまだまだ戦ってるので真似できない胆力だなと思います。

もはや白井大臣側は意地になって、自分の出世の為に、立場を守る為に「帝国航空」への債権放棄をさせようとしてますがもはや見てられないです。

半沢の妻・花の言うキャスター時代はすごくいいキャスターだったと言うのでやはり入閣していくなかで、権力に負けて変わっていったんだろうなあとは思います。半沢のやっていることはただただ当たり前の、一つの企業が自力で再生するための自然な経済活動の一環です。

白井大臣のやろうとしていることはそれをねじ曲げ無理やり実績を作ろうとしているだけのことなので当然半沢は許せるはずがないと思います。

最後の、開発投資銀行の谷川との会話からの流れとても熱いものがありました。最後の場面はとても胸が熱くなるものがありました。

他の銀行たち、みんなの必死の抵抗もめちゃくちゃかっこよかったですしやはりみんなバンカーとしてのプライドが見え隠れしてカッコ良かったです。

半沢の「拒絶します」の一言は痺れました。

半沢直樹2 /7話 動画/第7話内容解説

 

伝説の大人気ドラマとなった『半沢直樹』シリーズの第2期ですが、一度は子会社である東京セントラル証券へ出向を強いられながらも、因縁の相手である東京中央銀行証券営業部部長の伊佐山泰二との企業買収をめぐる抗争に、まさかの同行取締役大和田暁とのタッグで倍返しを実現した半沢直樹。

東京中央銀行への復帰を果たした後に取り組むことになったのがナショナルフラッグキャリアたる帝国航空の経営再建なわけですが、民主党政権時代の日本航空再建の話が明らかなモデルとなっていて、当時の報道を思い起こしながら見ると、とても楽しいストーリーとなっていますね。

今回の半沢直樹の対決の相手は、銀行の債権放棄を迫る政府な訳ですが、圧倒的な権力と卑劣な罠に、一介の銀行員に過ぎない半沢直樹は窮地に追いやられていきます。

今回の第7話では、政府と繋がっている裏切り者が誰なのか? そして理不尽な仕打ちを続ける政府への倍返しが実現できるのか?が焦点なわけですが、このドラマの面白さの最大の肝は、主人公半沢直樹の倍返しが実現した時の痛快感ですから、否応にも期待が高まってしまいます。

果たしてどんな倍返しが行われるのかとても楽しみです。

 

(半沢直樹2|動画)第7話みどころ

 

第2シリーズも7年前の第1シリーズと同様に他のドラマには見られない手に汗にぎる見逃せない展開が続いていてすばらしいですね。そんな「半沢直樹」も既に第7話とむかえ帝国航空再建編もどんどん話の佳境に近づいてきた感じがします。

帝国航空再建シリーズでの敵の本丸はキャスター出身で大衆人気の高い政治家である白井国土交通大臣なわけですが、白井国土交通大臣が政治力を活かしてやりたい放題するにあたり東京中央銀行、半沢直樹側の情報が事前に漏れているという状況が続いており、味方のふりをした敵を暴いていく・・これが第7話の中心となっていくのでしょう。

果たして第7話ですべてが明らかになるのかもわかりませんが、本丸を落とすためにはどうしても避けて通れない部分でありドラマ全体の鍵となる内容が描かれていくことになるのだろうと期待しています。

この肝となる部分の敵は大和田なのか、あるいは紀本常務なのかはわかりませんが、どちらの可能性も、またまったくの別人である可能性もあり注目して見守りたいと思っています。

さらに、西田尚美さんが演じる開発投資銀行の女性バンカーは実は味方であるような動きも見えるわけですが、果たして味方なのかあるいは本当は敵なのか?様々な疑心暗鬼をかかえつつ真実に迫っている半沢直樹の姿、第7話も楽しみに見させてもらおうと思っています。

毎週日曜日21時00分~21時54分にTBSで放送中のドラマ「半沢直樹」。8月30日の放送で第7話をむかえますが、帝国航空再建に関する後半戦も佳境に入ってきましたね。

破綻寸前の帝国航空再建に関してはここまでに東京中央銀行から出向していた財務担当役員の山西惇さんが演じる永田、さらに東京中央銀行の曾根崎次長を成敗してきたわけですが、いずれも半沢直樹と同じ東京中央銀行の人間であり、いかに身内に裏切り者が多く苦労させられているのかうかがえると思います。
そんななか第7話はサブタイトルが「裏切り者は誰だ!」となっており、東京中央銀行内部の裏切り者の黒幕が明らかになってくる、そんな回になると思われ、ドラマの根幹が描かれる回である可能性もあり大変注目されるところかと思っています。

黒幕ということで地位の高い人、そうなると大和田高取締役や紀本常務のいずれか?という可能性が高いわけですが、果たしてどちらなのか、見逃せない回になるでしょうね。個人的な予想では両方とも黒幕で、ただし大和田と紀本は別々に相手を失脚させようとも同時に動いている・・・という思惑が絡みあった状況なのでないかと予想していますが、果たしてどんな結論となっていくのか注目して拝見したいと思っています。また、前半戦から登場している賀来賢人さんがどう絡んでくるのか?も注目したい点ですね。楽しみです。

(半沢直樹2|動画)第7話ストーリー

半沢は帝国航空の立て直しをするために案を出し計画を進めるも、一度は受け入れてくれた人員の受け入れ先のスカイホープ社ですが、政府から認可が却下されてしまいます。
裏でからんでるのは議員の白井だと思いますが、半沢はどのように戦っていくのでしょうか。

東京中央銀行の頭取が頭を下げたことで更に世間の風当たりが強くなってしまいます。
半沢は自分が追い詰められるよりも自分のせいで頭取が頭を下げたことのほうがダメージが大きいようです。

政府のあまりにもタイミングが良すぎる行動は、銀行内に政府へ情報を流している裏切り者がいると考えられますが、それが紀本なのか大和田なのかがつかめません。

債務放棄の期限が迫る中、半沢は開発投資銀行の鉄の女と言われる谷川の元へと最後の望みをかけて訪れます。

冷たいように見える谷川ですが、頭が良い人なので、半沢のように頭が切れる人とは理解し合えるのではないかと期待しています。

東京セントラルへ出向された時に一緒に戦った仲間でもある森山がスカイホープを担当しているので、また一緒に戦えると思っていた矢先、階段から転げてる姿を見ると誰かに突き落とされたのではないかと疑ってしまいます。

森山のためにも債務放棄せずに最後まで戦ってほしいと思います。

私的には、半沢さんの勝利が疑うべくもなく真実なのですが、少し敗北も見てみたいな~と思いました。

 裏切り者が登場するこの回で正当に裏切るならみなさんご存じの『土下座男』、それ以外で正当に裏切るものはあの眼鏡さん。…もしかしたら次回予告でケガしていたあいつかも?それともそれとも及川光博?まさかの上戸彩?ちなみに上戸彩の役(半沢さんの奥さん)は女政治家に熱は言ってるし、しかも前回の回で半沢さんに疑惑のまなざしを向けていたのでそれ程以外でもないかもしれない。裏切り者は意外、と思うほどの人ではないのかもしれない。半沢さん自身が知らないうちに情報を流していたって可能性も捨てきれません(自分自身が裏切り者)。

 でも、元部下があんだけ怪我するんですから、相当相手側は捕まらない余裕があるのかそれとも追い詰められているのかですよね。

ちなみに私はあの女政治家の後ろにいる柄本明と北大路欣也が意外とつながっているんじゃないかな~と想像しています。もしくは及川光博と上戸彩が不倫していて(役の上で)それで半沢さんを追い落とそうとしているっていう、ドロドロした展開もあり得ると思っています。
 こう考えているとこのドラマ、意外とドロドロしていますね。

まとめ

 

おすすめキャラは半沢と森山の師弟愛コンビです。
森山が屋外階段の踊り場で血を流し、病院のベットで横たわっている映像が流れていて?(ハテナマーク)でしたが、病院のベットの横に元上司の半沢が座り、顔をゆがめている表情とその状況から二人の師弟愛を感じました。

なぜこの回でこのような姿になってしまったのかは、ドラマを見ればわかるでしょうか?

元上司と元部下の立場ですが、武士道、剣道とかに通ずるサラリーマン道?と同じように通ずるものがあるように感じます。半沢が伝えた言葉(サラリーマンとしての心得、何を大事にするか)は、半沢自身が仕事をする上で大事にしていることでしょう。

森山がその言葉を真摯に受け止め心にとぼしながら仕事をしてきたと思っているから視聴者としてそのように感じるのでしょうか?年は違うけど、大人になってからの男性同士のこのような関係は素敵だなと思います。

後、画面には出てませんでしたが筒井道隆演じる乃原正太です。

若くて良くドラマで拝見していた頃は、純粋な好青年を演じていることが多かったと思いますが、今回政府側のタスクフォースリーダーで半沢とは敵対する役で出ています。

適役=悪役になるのでしょうか?とても新鮮です。そして言うことを聞かない半沢に対し、江口のりこ演じる白井亜希子が言う言葉に同調する態度とかもまた憎たらしくていいんです。

 

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

半沢直樹2 動画7話続編/ (2020)放送が無料視聴