テレビ

半沢直樹2 動画 7話 pandora.tv/ブロマガ/9tsu/pandora.tv/パンドラ/9つー/8月30日無料視聴・見逃し配信(再放送)

(半沢直樹2/動画7話)ブロマガ/9tsu(9つー)pandora.tv(パンドラ7話)/8月30日無料視聴・見逃し配信(再放送)

出演 キャスト階戸瑠李さんのご冥福をお祈ります

2020年8月30日21時から『日曜劇場「日曜劇場「半沢直樹」第7話 裏切り者は誰だ!政府と直接対決へ!』が放送されます

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(地上波の放送分まで全話無料視聴できます)

↓ ↓

(半沢直樹2 動画/フル配信無料視聴

半沢直樹2 第7話動画/7話)動画 /番組内容

 

卑怯な政府に追い詰められ絶体絶命の半沢(堺雅人)。政府に繋がる裏切り者は、果たして宿敵・大和田なのか?政府と直接対決する合同報告会は、刻々と迫っていた…。

番組内容
半沢(堺雅人)たちが進める再建案の要となる「新路線の認可」が突如取り消されてしまう。白井(江口のりこ)の卑怯な差し金であることは明らかだったが、このままでは帝国航空は自力再建できない…再び窮地へと追い込まれる。そんな中、政府が要求する債権放棄への回答期限となる合同報告会の日が刻々と迫っていた。政府と繋がる裏切り者を暴き出し、理不尽な政府に倍返しすることはできるのか!?タイムリミットが迫っていた…!

 

半沢直樹 特別総集編 キャスト

 

出演者

堺雅人、上戸彩、及川光博、賀来賢人、筒井道隆、江口のりこ、西田尚美、児嶋一哉、石黒賢、入江甚儀、佃典彦、丸一太、夏目三久、井川遥、木場勝己、段田安則、柄本明、北大路欣也(特別出演)、香川照之など

半沢直樹2 / 動画/第7話感想

前回裏切りをおこした曽根崎を半沢と大和田が両脇から固め、誰の指示で動いたのか吐かせようと、軽快な合いの手をいれるかのように「さあ、さあ」「さあ、さあ」と交互に半沢と大和田が声をかけるシーンはまるで歌舞伎のようでかなり笑えました。

白井大臣の嫌味たっぷり上から目線で人探し指をたてながらの話し方も大分見慣れて、楽しく見ていたのに、失脚後はばっさり切られてしまうようで、おそらく次回出番はないのだろうなぁと残念に思います。

債権放棄を拒絶した半沢たちが、ネジである自分たちを侮りすぎたと大臣に詰め寄るシーンは、他銀行のバンカーの思いも伝わるようで、胸が熱くなりました。

権力に対しても、正しくないと思うことには決して屈せず、打開策、解決策を見出していく半沢は、本当に視聴者を魅了してくれて、爽快な気分にさせてくれるので大好きです。弱者の味方です。

あの長い長いセリフを毎回一気に話し続ける堺さんはすごい俳優さんです。顔芸もものすごくて、今回映像の半分くらいはずっと眉間にシワがよっていたのではないでしょうか。いつも通っている店の女将が元バンカーだった過去も気になりますし、頭取の今後の動きも気になって、ますます目が離せません。

主人公の半沢直樹の熱意や思いが仲間たちに伝わり、宿敵である白井国土交通大臣を倒した大変の気持ちの良い話であるのと同時に、来週がとても気になる終わり方で、とても楽しむことができました。誰のために働くのか?何のために働くのか?自分が行う使命は誰のために行使するのか?
そんな当たり前のことを必死に訴え続けた半沢直樹の熱意や行動や想いが、部下の心を動かし、他の銀行員の心を動かし、政府という強大な敵に立ち向かい勝つことができ、見ていてとても気持ちの良い爽快感を感じることができました。

また、半沢直樹の仕事への姿勢や熱意や想いは視聴者の心にも伝わり、明日からの自らの仕事を頑張っていこう!やってやろうと意欲を与える内容であり、非常に素晴らしい話であったと思いました。

また、終わり方も最高で、次回が気になる連続ドラマとして最高の終わり方で来週も非常に楽しみです。今まで仲間だと思っており、粉骨砕身の思いで仕えてきた半沢の上司である頭取の中野渡が政府と繋がっていると思われる終わり方に、一難さってまた一難であり、新たな謎にそして、新たな敵に半沢直樹がそして仲間たちがどのようにして立ち向かっていくのか来週も非常に楽しみに感じました

半沢直樹2 / 動画/第7話解説ネタバレ

今回の放送分では、帝国航空の債権放棄を迫る政府側と、それに対抗する半沢たち銀行側の対決が一番の目玉となりました。銀行から政府に情報を流していた人間が紀本常務ということが判明しましたが、そうだと予想はできていてもあの人の良さそうな顔が一気に悪人の顔に変わったことでゾッとしてしまいました。幹事長や国交大臣との会食のときのへりくだった姿は見ていてとても見苦しかったです。

国交大臣やタスクフォースの面々と銀行側が一堂に会する合同説明会が行われたのですが、そこで債権放棄を迫られた際の各銀行の対応に胸が熱くなりました。
各行とも主要債権者の決定に従うことを宣言するのですが、苦肉の策ともいえる行動だったと思います。

ここで半沢たち東京中央銀行だけでなく、それぞれの銀行でそれぞれの戦いが行われていたんだということが感じられました。そして、一番の債権者である政府系の銀行が行内の意見を取りまとめ債権放棄を拒否したシーンは今回のハイライトでした。

そう出来たのが敵である国交大臣が直前に参加していた閣議で政府系銀行の民営化が決定したからだ、というのも痛快でした。

今回で国交大臣との対決は一段落したようですが、更に上の蓑部幹事長との戦いは更に困難なものになりそうです。

ラストでは、頭取が幹事長に呼び出されていましたが、この先一体どうなってしまうのか、次回以降も目が離せません。

半沢直樹2 / 動画/第7話あらすじ

 

子会社から復帰を果たしたのにいきなり大きな案件を任された半沢。大和田常務も取り込んで逆転劇を果たしたあとなのでなぜか大和田常務がやたら親し気?なのが気になります。「施されたら施し返す、恩返し」というフレーズが笑えます。

また聞けたらいいなぁと期待しています。

帝国航空の自力再建のために動いていて再雇用の受け入れ先が決まり、新路線の認可が降りて解決に向かってきたなぁと思った矢先に、政府からの取り消し通達が来たのでいよいよ政府VS銀行の戦いになりそう。

金融庁へのリークもあったし、銀行内に裏切り者がいるのは間違いなさそうなので早く暴いて欲しいです。半沢の前任者に指示をしていた人物なので大物そう。

他にも部下がいるかもしれないのが気になります。政府が要求する債権放棄への回答期限が迫っているので何よりその短期間で半沢がどう動くのかが見所です。

同期の渡真利や証券会社の時の部下、森山など協力者がたくさんいるので頼もしいです。

彼らがどんな活躍をしてくれるのかにも期待しています。白井大臣の後ろについている幹事長の出番も増えそうなので、彼が何を考えているのかも気になります。

政府側での仲間割れもあるのかな?、半沢の妻、ハナもいつも最後に活躍したり、突破口を開いてくれる発言をしてくれるので注目でしょう。

一度は子会社の証券会社へ出向となったものの、不正を暴き結果的に銀行の窮地を救った形になったので銀行へ復帰した半沢。
さっそく帝国航空の再建を任され、横槍はあったものの何とか帝国航空側の信頼も得られるようになったので次は内部に潜む裏切り者が誰なのかに注目しています。
半沢の前任者の裏切りは先週に露見しましたが、それを指示したものが上層部にいるのは明らかです。

かばっている感じだったのでその前任者から聞き出すことはできないのかなと思っています。

また半沢たちが進める新路線の認可が取り消されたのは白井大臣の差し金であることは明らかなので銀行VS政府の構図が見どころです。しかも政府が要求する債権放棄への回答期限があり、合同報告会が設定されているようなのでかなり窮地に追い込まれそう。

政府に繋がる裏切り者について一番気になりますが、どういう形で半沢が政府や裏切り者たちに倍返しするのかが注目です。証券会社にいた時の部下、森山やその時に関わったスパイラルの社長など味方がたくさんいるので彼らの登場や応援も楽しみです。またいつも妻のハナが思わぬところで活躍したりヒントになることを言うので今回も何か動きがあるといいなぁと思います。

半沢直樹2 /7話 動画/第7話内容解説

 

卑怯な政府を相手にし、絶対に勝てることが出来ないような相手に対してどのように立ち向かっていくのかということが注目すべきポイントなのではないでしょうか。政府とつながる裏切り者にとうとう近づいていくものの、そのなかでもまだまだ波乱が待ち受けているようなので、どんな危機が半沢直樹を襲うのか、迫力ある展開に注目をしています。

半沢直樹の宿敵である大和田が政府と繋がっている裏切り者なのかというように思わせておいて、他にも裏切り者が登場するようですので、半沢がどのような反応を示して追い込んでいくのか楽しみです。

今回は半沢直樹たちが進めている、新路線の再建設許可のために必要となる許可が突然取り消されてしまい、その取り消されてしまった理由は白井が裏で動いていたことが判明するという、ひとつの裏切り者が明らかにされる回なので、それを知った半沢直樹の反応であったり、倍返しをするためにどのような行動に出るのか、とても期待しています。

帝国航空は自力で再建できないというような絶体絶命のピンチにも、半沢直樹は冷淡にやり返していくのではないでしょうか。政府と深く繋がっている裏切り者が誰なのか、そして倍返しをする瞬間が訪れるのか期待しています。

 

(半沢直樹2|動画)第7話みどころ

 

毎回すごい展開を繰り広げてくれる半沢直樹。今回も迫力のあるシーンを期待することが出来るのではないでしょうか。

裏切り者が誰なのか、半沢直樹は全ての人が裏切り者に見えるなかでのストーリー展開なので、今回もえっ?っと思わせるような展開を期待しています。

今回も卑怯な政府に追い詰められて、もはやあがくことも出来ないような状態のなかで半沢がどのような行動に出るのか、政府と繋がっている裏切り者は本当に大和田なのだろうかというようなことに迫る、政府と直接対決の日は間近に迫っており、白井が再建設の許可を取り消すために裏で動いていたことが判明するということが判明して、どんな反撃に出るのかが見物です。

いよいよ会合の日、政府と繋がっていた最低な裏切り者を暴き出すことができ、半沢直樹を邪魔する極悪非道の裏切り者をあぶりだすことができ、さらにはその裏切り者に反撃をすることが出来るのか、そして一番の注目点は今回はどんな真似したくなるようなワードが繰り出してくるのか楽しみです。

毎回ネットでも話題となる、半沢直樹たちのワードや言い回し、きっと今回も攻めてくれるとは思いますので、一瞬も油断することが出来ないと思い、注目しています。

(半沢直樹2|動画)第7話ストーリー

上司に駒のように使われながら、最終的に裏切られる部下にとってははらわたが煮えくり返る出来事だと思います。半沢直樹はそこを我慢しない、やり返すところが見ていて爽快です。再建案の取り消しは政府の差し金ということで政府に対して今回はどのような「やり返し」が見られるのか、その点が一番見どころです。政府側の江口のり子さん演じる白井大臣の、目的のためには手段を選ばない役柄もはまり役です。

真っ白なスーツとは裏腹に黒い部分が見え隠れする様を今回も楽しみにしています。また、さらに裏側で動いている柄本明さん演じる箕部はどのような動きを見せるのかも注目です。

乃原を演じる筒井道隆さんは今まで純粋な役柄のイメージが多かっただけに黒い部分を前面に出す、悪役ぶりが意外性があって面白いです。

さらには今回は香川照之さん演じる大和田の絶妙な台詞の言い回しがどんな風に出てくるのか、半沢を取り囲む「敵たち」の反応がとても楽しみです。

賀来賢人さん演じる森山がけがをするシーンが予告で流れていたので誰かの陰謀なのか、半沢の逆襲にさらに火をつけるのではないかと思いました。

展開を楽しみにしています。

まとめ

 

帝国航空の再建に向けた展開が進んでいるところです。帝国航空・政府・銀行のそれぞれの思惑や裏のつながりが見え隠れするようになってきているので、面白くなってきました。今までも、様々な思惑を暴いて倍返ししてきた半沢なので、今回の件をどのように解決へ向けていくのか楽しみです。半沢は企業などの組織側でなく働く労働者側にたって現状を変えていくので、見ていて気持ちがいいです。仕事に対する在り方もところどころで描かれるので、そう言った面でもキャラクターがたっていて見応えがあります。
今回は帝国航空の自力再建の要として半沢たちがすすめてきた「新路線の認可」の取り消しという大きな事件が起きるところから始まります。取り消しの裏には帝国航空の自力再建をよく思わない白井の手引きがあったようです。その白井にもさらに裏の力が働いているようで、複雑な状況が伺えます。再建に向けた政府との合同報告会が今回のキーポイントになりそうなので、そこをどう乗り越えるのかが見どころだと思います。
政府とつながって情報を流している裏切り者が誰なのか気になります。政府という大きな的に対して、一企業の社員がどれだけ抵抗できるのか、どんな技や人脈を使っていくのか、楽しみです。

 

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

半沢直樹2 動画7話続編/ (2020)放送が無料視聴